「昭和天皇の87年」お世継ぎ誕生!皇室万歳の声は大帝国の山河に反響せり 運命の皇子(1)

「昭和天皇の87年」

運命の皇子(1)

 街中の至る所に、日の丸がはためいていた。往来は喜色にあふれ、酒場からは時折「万歳」の声が漏れた。

 その前日、明治34(1901)年4月29日-。

 《(昭和天皇は)東京市赤坂区青山の東宮御所内御産所において皇太子嘉仁親王(のちの大正天皇)の第一男子として御誕生になる。

この日皇太子妃節子(のちの貞明皇后)には午前より御出産の徴候あり、午後三時四十分侍医相磯慥の拝診をお受けになり、七時頃御産所に入られる。

この間、東宮拝診御用橋本綱常・侍医局長岡玄卿始め東宮附侍医局員が相次ぎ参殿する。

午後十時十分御降誕、御身長一尺六寸八分(約51センチメートル)、御体重八百匁(もんめ・約3000グラム)。御産所御次ノ間において御産湯を受けられる》(昭和天皇実録1巻1頁・※1)

 吉報は翌日、新聞の号外や役場の公報により、瞬く間に広まった。

 5月2日付の国民新聞は、東京や大阪、名古屋、青森、群馬、熊本など全国各地の人々がこぞって奉祝する様子を報じている。

 

(2/4ページ)【昭和天皇の87年

画=井田智康
画=井田智康

 「三十日午後零時十分静岡発=親王御降誕の電報に接し市中一般国旗を掲げ祝意を表したり」

 「一日午前七時名古屋発=慶電に接し県民の雀躍一方ならず毎戸国旗を掲げ近日官民祝賀会を開く筈(はず)」

 「一日午前七時三十五分広島発=県民一同国旗を掲げ皇太子、同妃、親王各殿下の萬歳を奉祝したり」……

 幼少から病弱であった嘉仁皇太子が、明治33年5月の結婚後1年を経ずして世継ぎをもうけたことが、国民の歓喜に輪をかけた。

 明治天皇は15人の皇子女をなしたが、男子で成人したのは嘉仁皇太子のほかにいない

この時代もまた、皇統の維持が何より求められていたのだ。

 大任を果たした節子皇太子妃は当時16歳。新聞各紙は「御安産、御母子共御健全にあらせらる」と伝えた。

 5月1日付の都新聞が、万感を込めて書く。

 「辛丑(しんちゅう)の歳(とし)、四月二十九日の夜、此夜(このよ)月明らかに風清く、祥雲(しょううん)天に在りて瑞靄(ずいあい)地に洽(あま)ねし。

安らけき夜来の眠(ねむり)覚(さ)めし帝都百万の士民、先づ祝賀の歓声を揚げ、四千万の同胞之に和して皇室萬歳の声は大帝国の山河に反響せり」(※2)

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


my日本

忍者画像人気記事


このページの先頭へ