【昭和天皇の87年】 家族愛でも国民の模範に・・・養育担当者の早すぎる死 運命の皇子(4)

家族愛でも国民の模範に・・・養育担当者の早すぎる死

(1/4ページ)【昭和天皇の87年   運命の皇子(4)

画=井田智康
画=井田智康

 

明治35年、裕仁親王(のちの昭和天皇)に続いて弟の雍仁(やすひと)親王(のちの秩父宮)の養育も託されることになった枢密顧問官の川村純義は、こんな所信を述べている。

「人君たるものは御親子の愛情、御兄弟の友情、皆臣民の模範たらざるべからず。

されば御父たる皇太子殿下、御母たる妃殿下が常に皇孫の御養育を監視し給ひ、御養育の任に当るものも常に両殿下の御側近くにて養育しまつるを勉めば、御親子の愛情愈々(いよいよ)濃かなるべく…」(※1)

この言葉通り、川村は裕仁、雍仁両親王と、父母の嘉仁皇太子、節子皇太子妃とがふれ合う機会を積極的につくった。

川村が静岡県沼津にある別邸を増築し、冬季は別邸で両親王を養育したのも、この時期の皇太子夫妻がしばしば沼津御用邸に滞在していたからだ。

ふれ合いの様子は昭和天皇実録に詳しい。

明治36年2月10日《(裕仁親王は)午後、御散策の帰途(川村別邸に)お立ち寄りの皇太子に御拝顔になる》(1巻42頁)

同月11日《(裕仁親王は)午後、雍仁親王と共に沼津御用邸に御参邸になり、皇太子・同妃に御拝顔になる。

皇太子・同妃の沼津御滞在中には、以後もしばしば御用邸に御参邸になる》(同)

皇太子も皇太子妃も、両親王がかわいくて仕方がなかったのだろう。

 

 

(2/4ページ)【昭和天皇の87年

 「全く自慢されるのも無理はない。二人とも立派な男の子だ。

兄の迪宮(みちのみや)は二歳半、いくぶんお父さん似で、色もお父さんのように浅黒く、丈夫な坊やである。

弟の淳宮(あつのみや)は一歳半、色白でほおが赤く、すこぶる美しい顔立ちの、とても可愛らしい子で、しかも歳の割には非常に利発だ」

× × ×

一方、公私の別に厳しい明治天皇が川村の家を訪れることはなかった。

すると川村はある時、両親王を連れて沼津駅へ行った。

明治天皇のお召し列車が通るからである。

明治35年11月19日《午前、(裕仁親王は)雍仁親王と共に沼津停車場にお成りになり、熊本県下における陸軍特別大演習の御統監より還幸(かんこう)途次の天皇に車中において御拝顔になる》(同37頁)

この時の様子を、両親王の保母となる足立孝が戦後に回想している。

「明治大帝が汽車で沼津をお通り遊ばすので、川村さんが皇孫さまについて停車場へおいでになったそうです。

すると明治大帝はもともとお言葉の少ない方ですので、ただ、にこにこされただけでお言葉も何もないものですから、川村さんがとても心配されたんです。

ところが、大帝はあとで女官に『きょうはうれしかったよ。皇孫を川村が駅まで連れて来てくれて、元気なところに会ってうれしかった』って仰せになりましたそうです」

明治天皇もまた、両親王がかわいくて仕方なかったのだ。

× × ×

 

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


my日本

忍者画像人気記事


このページの先頭へ