第117回 二・二六事件(1) 雪の日の惨劇

昭和天皇の87年

雪の日の惨劇 銃剣の前に身を投げ出したのは、重臣の妻たちだった

第117回 二・二六事件(1)

 その日、昭和11年2月26日、帝都に積もった雪は、無数の軍靴に踏み砕かれた。

 二・二六事件-。

昭和維新断行を求める陸軍の青年将校らが、彼らのいう「君側の奸」を誅殺するため、決起したのだ。

 夜明け前、20人余の青年将校に率いられた歩兵第1連隊第11中隊、機関銃隊、歩兵第3連隊第1、第3、第6、第7、第10中隊、近衛歩兵第3連隊第7中隊の下士官兵1400人余が、雪明かりの中を整然と行進する。

各隊はそれぞれの目的地に分かれ、午前5時を期して一斉に行動を開始した(※1)。

× × ×

 首相官邸を包囲したのは、栗原安秀中尉が指揮する歩兵第1連隊の291人だ。

完全武装の下士官兵は通用門、非常門、裏門の3方から敷地内に侵入。

警備の巡査詰所を制圧すると、一部が官邸の日本間入り口を破壊して中に入り込んだ。

 一方、異変に気付いた首相私設秘書、松尾伝蔵の行動も素早かった。

陸軍予備役大佐でもある松尾は官邸内を走り回って各部屋の電灯を消し、首相の岡田啓介を浴場にかくまった。

官邸内にいた護衛の警官4人も拳銃を抜き、応戦態勢をとった。

 暗闇の中を、侵入した兵士が手探りで進んでくる。

警官が発砲し、兵士は機関銃を乱射。

激しい銃撃戦となり、大広間のシャンデリアが砕け散った。

 だが、多勢に無勢だ。警官は1人倒れ、また1人倒れる。

浴場にひそむ岡田も、間もなく発見されてしまうだろう。

 松尾は、岡田と風貌がよく似ている。

兵士の足音が近づく中で、自身の使命と運命とを、悟ったのかもしれない。

松尾は浴場をはなれ、中庭に出た。

 「誰かいるぞ!」。兵士が叫ぶ。

 「撃て!」と将校の声。未明の雪空に銃声が散った。

 襲撃の指揮をとる栗原は、松尾の遺体を寝室に運ばせ、官邸内にあった岡田の写真と見比べて言った。

 「首相だ。間違いない」

 集まってきた兵士らも、口々に「これだ、これだ」と歓声を上げる。

その声は、浴場に隠れていた岡田の耳にも届いた(※2)。

× × ×

 首相官邸から直線距離でほぼ2キロ、赤坂離宮の西隣にある斎藤実内大臣の私邸前では、坂井直中尉に率いられた歩兵第3連隊の下士官兵ら210人が、雪明かりの中で小銃に実弾を込めていた。

 午前5時、突撃隊が正門から侵入。

一部は敷地内の巡査詰所にいた護衛警官らに銃剣を突きつけ、一部は私邸の雨戸を壊して中に入り込んだ。

 数人の将兵が2階に上がり、寝室のふすまを押し開ける。

中には斎藤の妻、春子がおり、両手をひろげて立ちふさがった。

 「待ってください! 待ってください!」

 だが、将兵は待たなかった。

部屋の奥から斎藤が近づいてくるのを見ると、「国賊!」と叫んで発砲。

斎藤は一言も発せず、よろけるように倒れた。

 その身体に、春子が覆いかぶさった。

 「殺すなら私を殺してください!」

 目標は斎藤ただ一人だ。

将兵は、春子の下から拳銃をさしこみ、立て続けに発砲、軽機関銃も浴びせて斎藤を蜂の巣にした。

 「私も殺してください!」

 春子の絶叫が邸内に響いた。

× × ×

 同じころ、東京・麹町の鈴木貫太郎侍従長官邸-。

安藤輝三大尉が指揮する歩兵第3連隊の204人が包囲態勢をとり、表門と裏門から進入する。

電灯の消えた官邸内は真っ暗で、兵士らは銃剣をかまえながら、鈴木の姿を探し求めた。

 やがて、一階の10畳間に鈴木の妻、孝(たか)がいるのを下士官が見つけ、その奥の8畳間にいた鈴木を十数人が取り囲んだ。

 侍従長発見の連絡を受けて安藤が駆けつけたとき、鈴木は胸部などに4発の銃弾を受け、倒れていた。

安藤は、そばにいた孝に両膝をついて頭を下げた。

 「われわれは鈴木閣下と信念を異にするため、やむを得ず今回の行動に出ましたが、鈴木閣下の犠牲が国家永久安泰の礎石となられるよう祈ります」

 そして軍刀を抜き、まだ息のある鈴木の首にあてて「とどめをさせていただきます」と言うと、孝が口を開いた。

 「もうこれ以上のことは、しなくてもよろしいでしょう」

 毅然(きぜん)とした言葉に、安藤は軍刀を鞘におさめた。

 孝は、昭和天皇の保母を務めたほどの人物だ。

「その態度は驚くほど冷静であった」と、襲撃に加わった兵士がのちに書き残している。

部隊が官邸から立ち去ると、孝は直ちに止血措置をとり、鈴木は一命を取り留めた。

 惨劇は、これで終わったわけではない。

蔵相などの私邸も、無数の軍靴で踏み荒らされていた--。

(毎週土曜、日曜掲載)

【お知らせ】5月15、16の両日、皇太子さまの即位と新元号「令和」をテーマにした記念セミナーが産経新聞東京本社(東京都千代田区)で開かれ、本連載「昭和天皇の87年」の筆者、川瀬弘至・社会部編集委員が榊原智・論説副委員長とともに講師を務めます。

5月15日(水)は榊原論説副委員長が「皇室と日本人」について、16日(木)は川瀬編集委員が「新天皇陛下のお人柄」について、日頃のニュースではうかがい知れないエピソードも含め語ります。

受講料はID会員1500円、一般及び当日受付2000円。両日とも17時30分開場、18時開会で、産経iDのイベントページhttps://id.sankei.jp/e/645

などで申し込みを受け付けています。 

(※1) 二・二六事件には歩兵第1連隊、第3連隊、近衛歩兵第3連隊のほか野戦重砲兵第7連隊なども襲撃に加わった

(※2)首相官邸への襲撃では、私設秘書の松尾伝蔵のほか護衛の警官4人が殉職した。

完全武装の襲撃側に対し、警官側は勇敢に応戦し、土井清松巡査は拳銃の弾を撃ち尽くすと将校の一人に飛びかかって組み伏せたが、背後から兵士の銃剣に刺され、絶命した。

なお、当事者や目撃者の証言などには食い違いもあり、二・二六事件の襲撃状況には諸説ある

【参考・引用文献】

○池田俊彦ほか編「二・二六事件裁判記録」(原書房)

○太平洋戦争研究会編、平塚柾緒著「二・二六事件」(河出書房新社)

○松沢哲成ら著「二・二六と青年将校」(三一書房)

○岡田貞寛著「岡田啓介回顧録」(毎日新聞社)

○鈴木貫太郎伝記編纂委員会編集兼発行「鈴木貫太郎伝」

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


my日本

忍者画像人気記事


このページの先頭へ