第119回 二・二六事件(3) 反乱に狼狽する陸軍上層部 

昭和天皇の87年

反乱に狼狽する陸軍上層部 天皇は速やかな鎮圧を命じた

第119回 二・二六事件(3)

二・二六事件の勃発から45分後、昭和11年2月26日午前5時45分、《当番侍従甘露寺受長は、当番高等官宮内事務官高橋敏雄より、侍従長官邸が軍隊に襲われ侍従長鈴木貫太郎が重傷を負った旨の連絡を、続いて、内大臣私邸が襲撃され内大臣斎藤実が即死した旨の連絡を受ける。

六時頃、甘露寺は皇后宮女官長竹屋志計子を通じ、(昭和天皇に)御目覚めを願う旨を言上する。

ついで、各所に電話連絡し総理大臣官邸等の襲撃につき情報を得る。

六時二十分、(昭和天皇は)御起床になり、甘露寺より事件の報告を受けられる》

(昭和天皇実録23巻24~25頁)

 昭和天皇は危機に強い。

御召自動車が狙撃された大正12年の虎ノ門事件でも、儀仗行列に手榴弾が投げ込まれた昭和7年の桜田門事件でも、ほとんど動じなかったことはすでに書いた通りだ。

 東京朝日新聞の記者だった高宮太平によれば、甘露寺から事件の報告を受けたとき、昭和天皇は静かに聞きながら、こんなやりとりを交わしたという。

 「まだ他にも襲撃された者はないか」

 「唯(ただ)今の所ではこれ以上の情報はありませんが、他にも被害者があるかも知れませぬ。

何(いず)れ各方面に問合はせて、また奏上致します」

 「さうしてくれ、自分はすぐ支度して、表の方に出るから」

× × ×

 以後、昭和天皇は事件の早期解決に向け、迅速果敢に対応しようとする。

 午前7時10分《侍従武官長本庄繁に謁を賜い、事件発生につき恐懼(きょうく)に堪えない旨の言上を受けられる。

これに対し、事件の早期終息を以て禍を転じて福となすべき旨の御言葉を述べられる。

(中略)以後、頻繁に武官長をお召しになり、事件の成り行きを御下問になり、事件鎮圧の督促を行われる。

御格子(みこうし=就寝)までの間、武官長の拝謁は十四回に及ぶ》(23巻25頁)

 午前7時20分《侍従次長広幡忠隆をお召しになる。以後、度々侍従次長をお召しになり、この日の侍従次長の拝謁は六回に及ぶ》(同頁)

 午前11時13分《陸軍大臣川島義之に謁を賜い、事件の情況につき奏上を受けられる。

併せて首謀者の蹶起(けっき)趣意書につき、朗読による言上を受けられる。

また、事件発生につき恐懼に堪えない旨の言上を受けられ、これに対し速やかな鎮定を命じられる》(同巻26頁)

 決起した青年将校の心情はどうあれ、彼らのいう天皇の軍隊を、天皇の意思に反して勝手に動かし、天皇の股肱(ここう)を殺害するようなことは決して許されない。

昭和3年の張作霖爆殺事件以降、相次ぐ軍紀違反を厳正処分せず、あいまいにしてきたことが今回の事件を招いたともいえるだろう。

昭和天皇はこのとき、断固たる姿勢でのぞむ決意でいたようだ。

× × ×

 一方、未曾有の非常事態に陸軍上層部は狼狽(ろうばい)し、断固とした処置をとることができなかった。

すでに書いたように、当時の陸軍には2つの派閥がある。

青年将校がシンパシーを寄せる皇道派と、青年将校をおさえ込もうとする統制派である。

しかし、前年8月の永田鉄山斬殺事件で統制派の求心力が低下しており、バラバラの状態だったのだ。

 事件当日の朝、決起将校のリーダー格で元陸軍大尉の村中孝次ら3人が川島義之陸相に面会を強要。決起趣意書を読み上げ、(1)決起の趣旨を天皇に奏上すること(2)決起の部隊を攻撃しないこと(3)統制派幹部らの即時逮捕もしくは罷免-などを迫った。

 「君たちの要望は、自分としてやれる事もあれば、やれぬ事もある。

勅許を得なければならぬ事は、自分には何とも言えぬ」

 そう言って川島は、村中らをなだめようとしたが、あいまいな対応により、かえって問題をこじらせたといえるだろう。

のちの軍法会議で村中は「陸相は私共の行動が悪いと云はれず私共の精神を認められた様でありました」と語っている。

 午前8時半過ぎ、皇道派の重鎮で前教育総監の真崎甚三郎が陸相官邸に姿をみせると、情勢は決起側に有利に傾きはじめた。

 真崎は、決起将校らに言った。

 「とうとうやったか、お前達の心はヨオックわかっとる、ヨオックわかっとる」

 以後、事態収拾に向けた陸軍の方針を、決起に同情的な皇道派系の意見がリードするようになる。

 午前11時過ぎに参内した川島に、昭和天皇は速やかな鎮定を命じたが、優柔不断な川島は聖旨を徹底させることができなかった。

 午後1時過ぎ、宮中で非公式の軍事参議官会議が開催。

ここでも、鼻息が荒かったのは皇道派の陸軍長老だ。

真崎と並ぶ重鎮、元陸相の荒木貞夫が言った。

 「刻下の急務は一発の弾も撃たずに事をおさめることだ。一度あやまてば不測の戦闘が起こり、飛弾は宮城内にも落ちる」

 午後3時20分、川島は皇道派の意見におされ、のちに問題となる「陸軍大臣告示」を出す。

 この告示で、決起の趣旨を認めてしまうのだ--。

(毎週土曜、日曜掲載)

【お知らせ】5月15、16の両日、皇太子さまの即位と新元号「令和」をテーマにした記念セミナーが産経新聞東京本社(東京都千代田区)で開かれ、本連載「昭和天皇の87年」の筆者、川瀬弘至・社会部編集委員が榊原智・論説副委員長とともに講師を務めます。

5月15日(水)は榊原論説副委員長が「皇室と日本人」について、16日(木)は川瀬編集委員が「新天皇陛下のお人柄」について、日頃のニュースではうかがい知れないエピソードも含め語ります。

受講料はID会員1500円、一般及び当日受付2000円。

両日とも17時30分開場、18時開会で、産経iDのイベントページ(https://id.sankei.jp/e/645)などで申し込みを受け付けています。

【参考・引用文献】

○宮内庁編「昭和天皇実録」23巻

○高宮太平著「天皇陛下」(酣燈社)

○池田俊彦ほか編「二・二六事件裁判記録」(原書房)

磯部浅一著「二・二六青年将校の獄中記」(月刊誌「文芸春秋」昭和30年3月号収録)

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


このページの先頭へ