第120回 二・二六事件(4):激怒した海軍 第一艦隊が東京湾に終結し、砲問を反乱軍に向けた

昭和天皇の87年

激怒した海軍 第一艦隊が東京湾に集結し、砲門を反乱軍に向けた

第120回 二・二六事件(4)

「内外真(まこと)に重大危急、今にして国体破壊の不義不忠を誅戮(ちゅうりく)して、●(=木へんに陵のつくり)威(みいつ)を遮り御維新を阻止し来れる奸賊を芟除(せんじょ)するに非ずんば皇謨(こうぼ)を一空せん。

(中略)茲(ここ)に同憂同志機を一にして蹶起(けっき)し、奸賊を誅滅(ちゅうめつ)して大義を正し、国体の擁護開顕に肝脳を竭(つく)し、以て神州赤子の微衷を献ぜんとす」

 昭和11年の二・二六事件で青年将校が掲げた、決起趣意書の一部だ。

皇道派に影響を受けた青年将校は、「国体破壊」の具体例として統帥権干犯問題と天皇機関説問題を挙げ、そのいずれかに関わった政府首脳や宮中側近を「誅滅」し、陸軍中央から統制派を一掃して「御維新」を断行しようとした(※1)。

 これに対し陸相の川島義之は2月26日午後、反乱部隊の肩を持つ皇道派の陸軍長老らにおされ、以下の陸軍大臣告示を発出する。

 「蹶起ノ趣旨ハ天聴ニ達シアリ 諸子ノ行動ハ国体顕現ノ至情ヨリ出タルモノト認ム 国体ノ真姿顕現ニ就テハ我々モ亦恐懼(きょうく)ニ堪ヘサルモノアリ…」

 ここに、政府首脳や宮中側近を襲撃し、護衛の警官を含め9人を殺害した反乱部隊は、表面的とはいえ「義軍」扱いされることとなった

陸軍の方針は、断固とした処置をのぞむ昭和天皇の意向から、完全に乖離(かいり)してしまったといえるだろう。

× × ×

 一方、海軍出身の岡田啓介首相、斎藤実内大臣、鈴木貫太郎侍従長を襲撃された海軍軍令部は激高する。

同日午前、軍令部第1課長の福留繁は軍令部総長の伏見宮博恭王に進言した。

 「陸軍では同情的な態度で説得一本で処理する考えのようでありますが、この不祥事件は明らかに反乱でありまして、断固討伐の肚(はら)で臨むべきものと思います」

 当時、陸軍の首都集結兵力は3個師団だが、海軍は最大で3個師団半の兵力を動員できる。

第一次上海事変などで市街戦の経験もあり、福田には、海軍だけでも決起部隊を鎮圧できる自信があった。

 以後、昭和天皇の裁可を得て海軍横須賀鎮守府の先遣部隊が東京に急行、第一艦隊も東京湾に集結し、各艦の砲門を決起部隊に向けた。

× × ×

 一方、私設秘書の身代わりにより難を逃れ、決起部隊が占拠する官邸に隠れていた首相の岡田啓介はどうなったか。

 首相秘書官の迫水久常に、岡田の「遺体検分」の許可が下りたのは、二・二六事件の発生から4時間後、2月26日午前9時ごろである。

 すでに迫水は、決起将校の一人から「国家のために首相のお命を頂戴いたしました」と告げられていた。

岡田は迫水の岳父だ。

無念と悲しみに打ちひしがれながら、同僚の秘書官、福田耕とともに官邸に入った。

 だが、寝室に安置されていた遺体の、頭までかぶせられていた布団を持ち上げたとき、迫水は息をのみ、福田と顔を見合わせた。

私設秘書の松尾伝蔵の遺体だったからだ。

 決起将校らは勘違いしている、首相は生きているかもしれない-。

そう思った迫水は、わざとハンカチで目をおさえながら寝室を出ると、待ち構えていた将校に言った。

 「(遺体は首相に)間違いありません」

× × ×

 将校をあざむいた迫水と福田だが、問題は首相がどこにいるか、無事かどうかだ。

官邸内は決起部隊が占拠しており、探し回るわけにはいかない。

そういえば使用人たちはどこへ行っただろうかと、迫水は将校にたずねてみた。

 「女中がいたはずですが、どうなっていますか」

 「女中さんならあちらの部屋におります」

 将校に案内された部屋に入ると、2人の女中が、異様に緊張した様子で座っていた。

怖かったのだろう。迫水は、やさしく声をかけた。

 「けがはなかったかね」

 「はい、おけがはございませんでした」

 (おけが?…ございません?…)意外な言葉遣いに、迫水ははっとした。

改めてみれば、女中は部屋の押し入れを守るように正座している。

事件発生後、官邸内の使用人たちには帰宅許可の指示が出ていたが、女中は首相を押し入れにかくまい、自らの役目を果たしていたのだ(※2)。

事件に狼狽(ろうばい)した陸軍首脳などより、よほど覚悟があったといえよう。

× × ×

 首相生存の知らせは、迫水から宮内大臣へ、宮内大臣から昭和天皇へと内々に伝えられた。

 昭和天皇は言った。

 「よかった。岡田を一刻も早く安全なところに移すように」

 こうして、首相の脱出作戦がはじまった。

迫水と福田は陸相秘書官らに「せめて友人親族の弔問を許してほしい」と頼み込み、首相と年格好が似ている弔問者10人を集めると、翌27日、弔問者に紛れ込ませて首相を官邸の外に出した。

同日午後1時27分だったという(※3)。

 その頃、帝都には戒厳令がしかれ、情勢はさらに緊迫化していた--。

(毎週土曜、日曜掲載)

【お知らせ】5月15、16の両日、皇太子さまの即位と新元号「令和」をテーマにした記念セミナーが産経新聞東京本社(東京都千代田区)で開かれ、本連載「昭和天皇の87年」の筆者、川瀬弘至・社会部編集委員が榊原智・論説副委員長とともに講師を務めます。

5月15日(水)は榊原論説副委員長が「皇室と日本人」について、16日(木)は川瀬編集委員が「新天皇陛下のお人柄」について、日頃のニュースではうかがい知れないエピソードも含め語ります。

受講料はID会員1500円、一般及び当日受付2000円。両日とも17時30分開場、18時開会で、産経iDのイベントページ(https://id.sankei.jp/e/645)などで申し込みを受け付けています。

(※1) 青年将校らは襲撃理由として、(1)岡田啓介首相は天皇機関説問題で断固とした処置をとらなかった

(2)斎藤実内大臣、牧野伸顕前内大臣、鈴木貫太郎侍従長は統帥権干犯問題に関わった

(3)高橋是清蔵相は健全財政の名の下に軍部を誹謗(ひぼう)した

(4)渡辺錠太郎教育総監は天皇機関説の信奉者だった-ことなどを挙げた。

また、計画初期の段階では元老の西園寺公望も襲撃するつもりだった

(※2) 女中のサクと絹は将兵から帰宅を促されても「旦那様の御遺骸がある間は帰るわけには行きません」と拒んだ。

使用人たちが次々に退去していく中、「女中なども帰つたと思つて居りましたら最後の日に出て来たので驚いた」と、決起将校の一人がのちに軍法会議で語っている

(※3) 岡田は官邸から脱出後、都内に住む同郷の知人宅に身を隠した

【参考・引用文献】

○池田俊彦ほか編「二・二六事件裁判記録」(原書房)

○太平洋戦争研究会編、平塚柾緒著「二・二六事件」(河出書房新社)

○福留繁著「二・二六事件と海軍」(雑誌「歴史読本」平成22年9月号収録)

○迫水久常著「機関銃下の首相官邸」(筑摩書房)

○岡田貞寛編「岡田啓介回顧録」(毎日新聞社)

○福田耕著「包囲下の首相官邸」(雑誌「人物往来」昭和28年2月号収録)

○宮内庁編「昭和天皇実録」23巻

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


my日本

忍者画像人気記事


このページの先頭へ