第127回 西安事件  監禁された蒋介石

昭和天皇の87年

監禁された蒋介石 黒幕として動いたのはスターリンだった

第127回 西安事件

二・二六事件後に発足した広田弘毅内閣が、軍部大臣現役武官制の復活と日独防共協定の締結で、破滅の戦争への扉を開いてしまったことはすでに書いた。

だが、不運であったのも事実だ。

中国で1936(昭和11)年12月に起きた西安事件が、日中関係改善の道を、固く閉ざしてしまうのである。

 中国は当時、国共内戦の最終局面を迎えていた。

蒋介石の国民党軍は34年10月、毛沢東らの中国共産党が支配する瑞金(現中国江西省瑞金市)を攻略。

共産党軍は戦いながら西へ北へと逃れた。

長征の名で知られる、あてのない退却行軍-。

36年11月に延安(現陝西省延安市)にたどり着くも、移動距離は1万2500キロに及び、当初30万人の兵力が4万人足らずに激減したといわれる。

 長征を殲滅(せんめつ)の好機とみた蒋は、国民党傘下で東北軍を率いる張学良と西北軍の楊虎城に、総攻撃を命じた。

だが、張と楊の軍隊はまともに戦おうとしない。

このため蒋は36年12月4日、討伐軍の司令部のある西安(現陝西省西安市)に乗り込み、張ら現地の将軍たちを叱咤(しった)激励した。

 「掃討戦はいまや最後の5分間ともいうべき大詰めにさしかかっている。この時機を逸することなく、迅速果敢に行動せよ」

 事件が起きたのは、その8日後である。

× × ×

 12月12日早朝、西安郊外の蒋の宿泊所を、張の軍隊が襲撃した。

蒋は裏山に逃れたものの、やがて捕らえられ、張の拠点に連行される。

張は、直立不動で言った。

 「是非とも委員長にお聞きいただきたいことがあります」(※1)

 「私をまだ委員長と呼ぶのか。上官と認めるなら、命令に従って南京か洛陽に送り還せ。

さもなければ、即座に射殺しろ」

 「委員長がわれわれの意見を受諾されるなら、もちろん命令に従います」

 「君はいったい私の部下なのか敵なのか。部下ならば命令に服従して洛陽に送り還せ。

敵ならばただちに殺せ」

 激怒する蒋を2週間にわたり監禁し、張が懇請したのは、(1)内戦の停止(2)政治犯の釈放(3)孫文の遺嘱の遵守(4)救国会議の即時招集-など8項目の要求だった。

これは、中国共産党の主張に近い。

実はこのとき、張は共産党と内通していたのだ。

蒋は一切の要求を拒絶した。

 説得に失敗した張は共産党に救援を求める。

延安からやってきたのは、ナンバー2の周恩来だ。

周は、蒋救出のため西安入りした妻の宋美齢らに接近。

続いて蒋と会見し、内戦停止などの言質を得たとされる。

蒋は12月25日、解放されて南京に帰還した(※2)。

× × ×

 西安事件は、いまも多くの謎に包まれている。

確実に言えることは、事件後に国民党が共産党への軍事行動を事実上放棄し、壊滅寸前だった共産党が息を吹き返したことだ。

同時に、広田内閣の対中交渉は完全に暗礁に乗り上げた(※3)。

 実はこのとき、背後で中国を動かしていた黒幕がいる。

 スターリンである。

 蒋介石が張学良に監禁された際、中国共産党では蒋の暗殺を検討したが、スターリンが止めたとされる。

蒋の統率力を高く評価していたスターリンは、国民党軍と日本軍を戦わせ、共倒れさせようとしたのだ。

 スターリンのコミンテルン指導部は毛沢東の中国共産党に対し、国民党と連携して抗日戦線を樹立するよう指令。

翌年から両党の連携が図られた(第二次国共合作)。

西安事件により、のちの日中戦争は不可避になったといえるだろう。

 だが、広田をはじめ当時の日本人は、その重大性にほとんど気付かなかった--。

(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載)

(※1) 蒋介石は当時、国民政府軍事委員会委員長だった

(※2)蒋介石を監禁した張学良は事件後、軍法会議で禁錮10年の刑を受け、特赦されたものの50年以上にわたり軟禁状態に置かれた。

1990年に軟禁を解かれ、ハワイに移住。

2001年に満100歳で死去した。

一方、張とともに国民党を裏切った楊虎城は事件後、国外に逃れたが、日中戦争勃発後に帰国したところを逮捕された。

その後10年以上にわたり家族とともに監禁された上、1949年、蒋介石の命令で家族もろとも殺害された

(※3) 蒋介石はのちに、「西安事件はわが国民革命に一大頓挫を来したといわなければならない。

八年間におよぶ共産匪掃討戦の成果-あと二週間(遅くとも一カ月以内)で完成するはずであった全成果が一瞬にして失われた」と書き残している。

一方、広田内閣が力を入れた対中交渉は、1936年に関東軍指導の内モンゴル軍と中国・国民党軍が武力衝突した綏遠(すいえん)事件で後退し、西安事件により絶望的になったとされる

【参考・引用文献】

○中村粲著「大東亜戦争への道」(展転社)

○岡本隆三著「中国革命長征史」(サイマル出版会)

○蒋介石著「西安半月記」(J・M・バートラム著「西安事件」(太平出版社)収録)

○田中仁著「1930年代中国政治史研究」(勁草書房)

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ