第132回 動員派兵 大混乱の参謀本部

昭和天皇の87年

大混乱の参謀本部 現地の停戦協定はご破算となった

第132回 動員派兵

 昭和12年7月7日に盧溝橋事件が起きたとき、参謀本部を主導していたのは作戦部長の石原莞爾である。

一報を受けた石原は、作戦課員に訓示した。

 「支那と戦端を開くときは長期持久に陥り、日本は泥沼に足を突っこんだ如く身動きができなくなる。

戦争は避けなければならぬ」

 当時の石原はソ連の動向を危惧していた。

陸軍の戦時総兵力は陸上30個師団、航空45個中隊で、ソ連軍に比べ著しく劣っている。

対抗するには日本・中国・満州が連携しなければならず、中国と戦争するなどもってのほかと考えていたのだ。

石原はまた、「今日の支那は昔の支那ではない。

(中略)挙国一致の強い力を発揮することができる」ともみていた。

 だが、こうした考えは陸軍では少数派だ。

多くは中国など一撃を加えれば屈服すると思い込み、拡大論に傾いた。

その筆頭が、石原の直属の部下の作戦課長、武藤章である。石原の訓示を渋面で聞いていた武藤は、石原が部屋から出て行くと電話に飛びつき、拡大派の仲間を呼び出して言った。

 「面白くなったね。ウン、大へん面白い。大いにやらにゃいかん」

 以後、参謀本部は路線対立で混乱する。

石原が現地の支那駐屯軍司令部に不拡大方針を電話で指示すると、直後に拡大派の将校が同軍参謀に電話をかけ、強気でいけとはっぱをかける有様(ありさま)だ。

それでも9日までは不拡大方針が通っていたが、10日の参謀本部首脳会議で武藤らが3個師団動員案を提起し、風向きが変わった。

ほかの部課長らが賛同したため、石原も渋々ながら同意してしまうのだ。

× × ×

 動員派兵すれば中国を刺激し、かえって事態は悪化するだろう。

石原に従う少数の不拡大派将校は11日早朝、外務省東亜局に連絡し、内々に申し入れた(※1)。

 「今日の閣議で陸相が3個師団動員案を提起する。そいつを外相の反対で葬ってほしい」

 混乱の極致である。

 東亜局長の石射猪太郎はあきれつつ、外相の広田弘毅に「動員案を食い止めていただきたい、中国側を刺激することは絶対禁物です」と進言した。

 ところが、広田は閣議であっさり了承してしまう。

陸相が「今すぐの派兵ではなく万一の時に対する備えである」と説明したのを鵜呑(うの)みにしたからだ。

首相時代、さんざん陸軍に煮え湯を飲まされてきた広田は、すっかり無気力になっていた。

× × ×

 11日、近衛文麿内閣は内地の3個師団動員を含む派兵方針を表明する(※2)。

果して中国側の態度は硬化した。

折しもこの日、現地では停戦協定が調印されたが、日本への不信を強めた蒋介石は13日、第29軍の軍長に「和平解決は不可能、日本との単独交渉に応じるな」と打電し、17日には「断じて一歩も譲歩しない」との声明を発表。

それより前に現地の両軍が調印した停戦協定をひっくり返してしまった。

近衛内閣と陸軍は、武力行使の姿勢を示せば中国は引くはずだと楽観していたが、まるで逆効果だったのだ。

 満州事変時の奉天総領事代理だった森島守人(のちの外務省東亜局長)は述懐する。

 「満州事変は出先の関東軍が、中央の不拡大方針を裏切って、遮二無二、既成事実を作りあげて、中央を引きずったものであったが、華北事変はこれと正反対に、中央政府が現地の不拡大と局地解決の努力を否認して、政略的出兵に出て、かえって事態を拡大した」

× × ×

 なぜ、首相の近衛は陸軍の動員派兵要求をあっさり了承したのか。

しかも近衛は7月11日の夜、わざわざ各界の有力者を首相官邸に集め、派兵方針への協力を自ら積極的に呼びかけている。

このときの近衛について、派兵に断固反対だった外務省東亜局長の石射猪太郎がこう振り返る。

 「事件がある毎に、政府はいつも後手にまわり、軍部に引き摺(ず)られるのが今までの例だ。

いっそ政府自身先手に出る方が、かえって軍をたじろがせ、事件解決上効果的だという首相側近の考えから、まず大風呂敷を広げて気勢を示したのだといわれた。

冗談じゃない。野獣に生肉を投じたのだ」

 策士策に溺れる。

あてが外れた政府と陸軍は、ますます迷走してしまう--。

(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載)

(※1) 石原莞爾も参謀本部首脳会議で動員案に同意しながら、11日早朝、首相の近衛文麿に「閣議で否決してください」と頼み、近衛を驚かせたという。

しかし近衛は閣議でほとんど発言しなかった

(※2) 政府が表明した方針では、最初に関東軍と朝鮮軍の各一個師団を派兵し、事態が悪化すれば内地から3個師団を派兵するとしていた。

また、盧溝橋事件以降の日中紛争を「北支事変」と呼ぶことにした

【参考・引用文献】

○井本熊男著「支那事変作戦日誌」(芙蓉書房出版)

○阿部博行著「石原莞爾〈上〉」(法政大学出版局)

○石射猪太郎著「外交官の一生」(中央公論新社)

○秦郁彦著「盧溝橋事件から日中戦争へ〈III〉」(千葉大学「法学論集」9巻3号収録)

○井本熊男著「支那事変作戦日誌」(芙蓉書房出版)

○森島守人著「陰謀・暗殺・軍刀」(岩波書店)

○昭和12年7月13日の東京朝日新聞夕刊

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


my日本

忍者画像人気記事


このページの先頭へ