第133回 迷走 悲壮な覚悟の近衛文麿

昭和天皇の87年

悲壮な覚悟の近衛文麿 「ここで陛下の思し召しが働いた」

第133回 迷走

昭和12年7月7日に起きた盧溝橋事件の報告を、昭和天皇は滞在先の葉山御用邸(神奈川県葉山町)で受けた。

それより8日前、昭和天皇は内大臣の湯浅倉平を呼び、日中関係の改善のため《先手を打って我が国より支那の希望を容れること、また、北支対策につき御前会議を開いて方針を決定することを御希望》になったと、昭和天皇実録に記されている(24巻82頁)。

 昭和天皇は、日中関係が険悪化したままではいずれ取り返しのつかない事態になると、危惧していたのだろう(※1)。

不幸にしてそれは、現実のものとなった。

 日中両軍の衝突を受け、昭和天皇は予定を切り上げて皇居に戻り、以後は唯一の趣味としていた生物学御研究所での研究もやめ、連日公務に励んだ。

7月14日には侍従武官長から現地の支那駐屯軍司令官に、「陛下には今回の北支事変に関し其の拡大を特に御軫念(しんねん=天子が心を痛めること)…」と記した書簡が届き、軍司令官に絶対不拡大の決意を固めさせている。

× × ×

 一方、7月11日に派兵方針を表明した首相の近衛文麿はその後、体調を悪化させて寝込んでしまった。

派兵表明がやぶ蛇となり、解決の道が遠のいたため、ひどく落ち込んでいたようだ。

 病床で近衛は、悲壮な決意を固める。

不拡大派の参謀本部作戦部長、石原莞爾の進言を受け、自ら南京に乗り込み蒋介石と会談しようとするのだ。

近衛は内閣書記官長の風見章に言った。

 「私は元来身体が弱いので、生きて何時まで奉公できるか判らぬ。

今私が南京に飛び蒋と直接交渉するがよいというなら、一命を賭けて直ぐにでも行こう。

今こうして病床にあるが、看護婦を一人伴つて行けばよい」

 ところがこの案に、陸相の杉山元が反対した。

やむなく近衛は、外相の広田弘毅を南京に向かわせようととしたが、広田は「さあ、そういうことをやってみても…」と後ろ向きである。

近衛が蒋介石のもとに送ろうとした特使すら、憲兵隊にスパイとみなされ神戸で拘束されてしまった。

迷走に次ぐ迷走で、関係機関の統制がまるでとれていなかったのだ。

 この間、陸軍内部も揺れに揺れた。

参謀本部では不拡大派の石原と拡大派の武藤章(作戦課長)が連日激しく言い争い、「君がやめるか、私がやめるかどっちかだ」という石原の怒声が廊下まで響いた。

× × ×

 停戦合意に向けた現地の努力もあり、しばらく延期されていた派兵方針だが、振り上げた拳の降ろしどころが見つからない政府は7月20日、ついに内地の3個師団動員を閣議決定する。

これに憤慨した外務省東亜局長の石射猪太郎らが外相の広田に辞表をたたきつける騒動まで起きた(※2)。

外務省も一枚岩ではなかったのである。

× × ×

 ますます混乱する政府と軍部-。

だが、「ここで陛下のお思し召しが働いた」と、石射が書く。

 「二九日の晩、お召によって伺候した近衛首相に対し、もうこの辺で外交交渉により問題を解決してはどうか、との御言葉があったというのだ。

これが陸軍に伝えられて利いたものと見え、三一日柴山(兼四郎)軍務課長が来訪し、停戦を中国側からいい出させる工夫はあるまいかと相談をかけてきた」(※3)

 昭和天皇実録によると、参内した近衛に昭和天皇から《軍事行動の取り止め如何につき御下問》があったのは、29日ではなく30日である(24巻103頁)。

混乱を見かねた昭和天皇は、自ら不拡大の舵を支えようとしたのだ。

 石井が述懐するように、この「お思し召し」をきっかけに、ようやく政府と軍部の足並みがそろうかに見えた。

しかし、そのころ通州(現北京市通州区)で起きた残虐な事件が、日本を泥沼へと引きずり込む--。

(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載)

(※1) 昭和天皇の下問に対し内大臣の湯浅は「従来の支那のやり方から見て、我が国が先方の希望を容れてもこれを徳とせず、かえって侮日の因を作ることになるべきを以て検討を要する」と否定的な意見を述べた

(※2) 石射らの辞表は広田の慰留により撤回された

(※3) 外務省は以後、在華紡績同業会理事長の船津辰一郎を交渉役として全面的国交調整を図る「船津工作」に乗り出すが、上海で起きた海軍中尉殺害事件(大山事件)により頓挫した

【参考・引用文献】

○宮内庁編「昭和天皇実録」24巻

○香月清司記「支那事変回想録摘記」(小林龍夫ら編「現代史資料12-日中戦争4」〈みすず書房〉収録)○矢部貞治編著「近衛文麿〈上〉」(弘文堂)

○広田弘毅伝記刊行会編「広田弘毅」(葦書房)

○阿部博行著「石原莞爾〈上〉」(法政大学出版局)

○石射猪太郎著「外交官の一生」(中央公論新社)

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


このページの先頭へ