第139回 幕府山事件 検証「南京大虐殺」

昭和天皇の87年

検証「南京大虐殺」 中国兵1万6千人はなぜ殺害されたのか

第139回 幕府山事件

司令官自らの敵前逃亡で中国軍が総崩れとなり、中国国民党の最大拠点、南京が陥落した1937(昭和12)年12月13日の翌日、南京城の北方、幕府山の砲台を占領した第103旅団長の山田栴二(せんじ)は驚いた。

大量の中国軍将兵らが白旗を掲げて投降してきたからだ。

その数、およそ1万4000人。

山田は日記に書く。

 「斯(か)ク多クテハ殺スモ生カスモ困ツタモノナリ」

 山田の部隊は約2200人。

投降兵らはその7倍近くだ。

上級司令部に連絡すると「皆殺セトノコトナリ」である。

山田はますます困惑した。

 山田だけではない。

南京城外の戦闘地域では13日以降、各地で投降兵が続々と現れ、部隊長を悩ました。

撹乱(かくらん)目的の偽装投降兵が紛れ込んでいる恐れもあり、処置を誤れば自軍が危機に陥る。

陸軍中央や中支那方面軍の方針は明確でなく、投降兵の処置は事実上、現場指揮官の裁量に委ねられた。

 別の地域で第66連隊は、投降した1600人余を処断(殺害)した。

第38連隊は、約7200人を収容所に入れた。

第45連隊は、約5500人を武装解除のうえ全員解放した。

 山田はどうしたか-。

 旧防衛庁・防衛研修所編集の公刊戦史によれば、「皆殺セ」の指示には従わなかったようだ。

まず非戦闘員とみられる約6000人を解放、約8000人を臨時の収容所に入れた。

だが、収容所の火災で半数が逃亡する。

やむなく山田は残り約4000人を揚子江の対岸に逃そうとしたが、移動中に投降兵らがパニック状態となり、危険を感じた日本兵が機関銃を乱射、約1000人が死亡し、残りは逃亡した。

旧軍関係者らによる南京戦史編集委員会の分析では、犠牲者数はさらに多く3000~4000人に上る(※1)。

× × ×

 いわゆる「南京大虐殺」論争は、こうした投降兵らの処置が最大の争点である。

投降兵らを捕虜とみなせば、殺害は戦時国際法違反だからだ(※2)。

 南京城内では、軍服を脱ぎ捨てて安全区に潜り込んだ便衣兵らの摘発が問題となった。

治安を早急に回復したい日本軍は、青壮年の男を次々に連行、便衣兵とみなせば処断した。

その識別方法は▽靴ずれがあるか▽面タコがあるか▽目付きが鋭いか-など相当いい加減で、多数の一般市民が犠牲になった可能性は否めない。

 ある部隊の一等兵が日記に書く。

 --十二月十六日 各中隊分担の地域内を掃討する。

目につく殆(ほとん)どの若者は狩り出される。

(中略)その直ぐ後に続いて、家族であろう母や妻らしい者が大勢泣いて放免を頼みに来る。

市民と認められる者は直ぐ帰して、三六名を銃殺する。

皆必死に泣いて助命を乞うが致し方もない。

真実は判らないが、哀れな犠牲者が多少含まれているとしても、致し方のないことだ…

 別の部隊の上等兵も日記に書く。

 --十二月十六日 午前十時から残敵掃蕩に出かける。

高射砲一門を捕獲す。午後又出かける。若い奴を三百三十五名を捕えて来る。

避難民の中から敗残兵らしき奴を皆連れ来るのである。

全く此の中には家族も居るであろうに。

全く此を連れ出すのに只々泣くので困る。

手にすがる、体にすがる全く困った。

(中略)揚子江付近に此の敗残兵三百三十五名を連れて他の兵が射殺に行った…

× × ×

 当時は南京攻略の激戦が終わったばかりだ。

軍服を脱いで安全区などに逃げ込んだ中国兵は「残敵」とみられ、それを摘発して処断することは、占領地域の安全を確保する戦闘行為の延長と考えられていた。

南京には日本軍とともに多数の新聞記者らが入城したが、便衣兵や投降兵らの処断が問題視された様子はない。

誰も「虐殺」とは考えなかったからだろう。

 だからといって、明らかに戦意を喪失し、武器も放棄した投降兵らの大量殺害が、正当化されていいとは思わない。

多数の一般市民が巻き添えになった可能性も高いのだ。

処断の方法も銃殺だけでなく、銃剣での刺殺や日本刀による斬首など、冷酷なものもあった。

もしも現場が中国の南京ではなく日本の東京で、日本人が同じことをされたら、戦争だから仕方がないと割り切れるだろうか。

 従軍記者として南京攻略戦を取材した東京朝日新聞の足立和雄は、南京陥落翌日の12月14日、日本兵が塹壕の前に中国兵を並ばせ、助命を乞う妻子らが泣き叫ぶ目の前で、次々に銃殺していった現場を目撃している。

 足立は、それを「虐殺」とは呼ばないが、戦後にこう述懐する。

 「中国の婦女子の見ている前で、一人でも二人でも市民の見ている前でやった。

これでは日本は支那に勝てないと思いました。

支那人の怨(うら)みをかったし、道義的にもう何もいえないと思いました」

 南京陥落後に処断された中国軍将兵らの数は、約1万6000人に上ると推計される(※3)。

× × ×

 悲劇の要因は、日中両軍の首脳にあったといえるだろう。

陥落直前まで中国軍は勇敢に戦っていた。

南京衛戍司令官の唐生智が最後まで軍を統率していれば、無秩序な敗残兵や便衣兵を出さずに済んだはずだ。

 一方で日本軍の責任ははるかに重い。

中支那派遣軍司令官の松井石根は一般市民の保護を厳命しながら、投降兵らの処置については方針を明示せず、現場を混乱させた(※4)。

 松井と日本軍にはこのあと、まるで身に覚えのない疑惑も降りかかる--。

(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載)

(※1) 南京城外の幕府山で大量の投降兵に遭遇した第103旅団の処置(いわゆる幕府山事件)は、「南京大虐殺」論争の最大の争点とされる。

昭和天皇が生きた激動の87年をノンフィクションでたどる本連載の趣旨からは若干外れるが、この論争には、戦後報道の在り方をめぐるさまざまな問題が含まれているため、別項として後述する

(※2) 虐殺肯定派は投降兵らを捕虜とみなし、否定派は、当時は戦闘中であり投降受け入れを拒否できるので、捕虜ではないとしている。

なお、便衣兵の処断は合法だが、裁判など厳正な識別を行わない処断は違法であるとの説も有力である

(※3) 処断数については諸説あるが、ここでは、日中両軍の戦闘詳報や陣中日誌などをもとに両軍の兵力、推定戦死者数、推定捕虜数などを算出し、処断数を約1万6000人とした南京戦史編集委員会の分析によった

(※4) 松井石根の専属副官、角良晴の証言によれば、第6師団から大量の投降兵らの扱いについて問い合わせがあった際、上海派遣軍情報参謀の長勇が「ヤッチマエ」と処断を指示した。

それを聞いた松井が長を呼び、強く「解放」を命じたという。

だが、その命令が隷下の部隊に伝わった形跡はなく、長は「解りました」と返答したものの、松井がいなくなると再び「ヤッチマエ」と指示したという

幕府山事件

 第103旅団隷下の第65連隊(会津若松)が大量の投降兵を射殺した幕府山事件について、公刊戦史では同連隊の両角業作(もろずみ・ぎょうさく)連隊長が戦後に記した手記などを

根拠に、投降兵を逃そうとしたものの連行途中に騒動が起き、危険を感じた日本軍将兵が機関銃を乱射したとする偶発的な“自衛発砲説”をとる。

しかし昭和60年頃から一部マスコミで、最初から射殺するつもりだったとする“計画的虐殺説”が報じられるようになった。

例えば昭和59年8月7日付の毎日新聞朝刊は「元陸軍伍長、スケッチで証言 南京捕虜1万余人虐殺」との見出しで、こう報じている。

 「南京大虐殺に加わった元陸軍伍長が、半世紀近い沈黙を破り、当時のスケッチ、メモ類をもとに中国兵捕虜一万余人の虐殺を詳細に証言した。

問題の捕虜大量射殺事件はこれまで上級将校の証言などから『釈放途中に起きた捕虜の暴動に対する自衛措置』とされてきた。

今回の証言は、これを覆すものだ」

 以下、記事では第65連隊第1大隊所属の元伍長の証言として、

▽1万人以上の投降兵を後ろ手に縛って数珠(じゅず)つなぎにし、収容所から約4キロ離れた揚子江岸に連行した

▽沖合に中州があり「あの島に捕虜を収容する」と上官から聞いていたが、突然「撃て」の命令が下った

▽約1時間にわたって一斉射撃が続き、逃げまどう投降兵が死体にはい上がろうとして高さ3~4メートルの人柱ができた

▽遺体は柳の枝で一人ひとり引きずって揚子江に流した-などと指摘。

自衛発砲説については、「後ろ手に縛られ、身動きもままならなかった捕虜が集団で暴動を起すわけない。

虐殺は事実。はっきりさせた方がいい」と否定している。

 この報道を端緒として、“計画的虐殺説”の立場に立った論考が目立つようになるが、いずれも一場面しか見ていない下士官兵らの証言を重視する一方、全体の作戦を知る部隊長らの手記などが軽視され、事実を見えにくくしている感は否めない。

 加えてこの報道の後、南京戦史編集委員の板倉由明氏が元伍長に直接話を聞いたところ、証言の趣旨がだいぶ異なることも分かった。

板倉氏によれば、元伍長は毎日新聞の取材を受ける半月前、同紙が「犠牲者三○余万人」との見出しで中国側公式資料の紹介記事を掲載したことに反発し、何があったのかを知ってもらおうと記者に事情を説明したが、意図に反して「大虐殺の証明」に使われたという。

元伍長は、「多分十七日と思うが、捕虜を舟で揚子江対岸に渡すということで、午前中かかって形だけだが手を縛り、午後大隊全員で護送した。

(中略)うす暗くなったころ、突然集団の一角で『××少尉がやられた!』という声があがり、

すぐ機関銃の射撃が始まった」と回想したうえで、こう話している。

 「これは『虐殺』ではなく『戦闘』として行ったもので、その時は『戦友の仇討ち』という気持ちであり、我が方も九名が戦死した。

殺したなかに一般人は一人もいない」

 毎日新聞の報道では、突然の「撃て」の命令によって一斉射撃が始まった。

しかし板垣氏が聞き取った証言では「××少尉がやられた!」が端緒である。

後ろ手に縛っていたのも「形だけ」だったという。

どちらが正しいかはともかく、元伍長は全体の作戦を知り得ない立場であり、その証言によって自衛発砲説を否定するのは短絡的だろう。

 幕府山事件をめぐっては、第65連隊の地元紙である福島民友新聞の阿部輝郎記者が第103旅団長、第65連隊長、第1大隊長の各部隊長をはじめ、複数の将兵ら同連隊関係者に長年取材し、その証言や日記などをもとに平成元年12月、著書「南京の氷雨 虐殺の構造を追って」を上梓している。

その中で阿部記者は、事件を「虐殺」と表記しつつも計画性は否定し、解放目的で連行中、偶発的に起こった経緯を克明に浮かび上がらせている。

以下、同書に登場する機関銃中隊、箭内亨三郎准尉の証言に耳を傾けてみよう。

 「確か南京入城式のあった日でしたが、機関銃中隊の残余メンバーで特別な仕事を与えられ、ノコギリやナタを持って、四キロか五キロほど歩いて河川敷に出かけたのです」

 「実は捕虜を今夜解放するから、河川敷を整備しておくように、それに舟も捜しておくように…と、そんな命令を受けていたんですよ。

解放の件は秘密だといわれていましたがね。

ノコギリやカマは、河川敷の木や枯れたススキを切り払っておくためだったんです」

 「逃がすための場所設定と考えていたので、かなり広い部分を刈り払ったのです。

切り倒した柳の木や、雑木のさまざまを倒したまま放ったらかしにして置いたんです。

河川敷ですから、切り倒したといっても、それほど大きなものはありませんでしたがね。

ところが、後でこれが大変なことになるのです」

 「兵舎のある上元門に戻って、それから捕虜の連行が始まったのです。

手などは彼ら自身の巻脚絆を利用して縛り、四人ずつ一つなぎにして歩かせたのです。

少人数で大人数を護送するには、そうしないと問題があったとき抑えられないからです」

 「(河川敷で)集結を終え、最初の捕虜たちから縛を解き始めました。

その途端、どうしたのか銃声が…。突然の暴走というか、暴動は、この銃声をきっかけに始ったのです。

彼ら捕虜たちは次々に縛を脱し-、巻脚絆などで軽くしばっていただけですから、その気になれば縛を脱することは簡単だったのです」

 (このあと捕虜たちは、日中に切り倒したまま放置されていた雑木の枝などを手に、日本兵を襲ってきたという)

 「たまりかねて一斉射撃を開始し、鎮圧に乗り出したのです。

私の近くにいた第一大隊長の田山少佐が『撃ち方やめ!』を叫びましたが、射撃はやまない。

気違いのようになって撃ちまくっている。

目の前で戦友が殴り殺されたのですから、もう逆上してしまっていてね…。

万一を考え、重機関銃八挺を持って行っていたので、ついには重機関銃まで撃ち出すことになったのです」

 この証言に不自然な点はみられない。同書の描写が、事実に最も近いのではないか。

犠牲者数については、中国軍兵力や推定捕虜数、推定逃亡者数などを根拠に、南京戦史編集委員会が3000~4000人と算出している。

 一方、同書の刊行後も、平成2年9月19日付の朝日新聞夕刊「南京大虐殺・揚子江岸の最大規模事件 死者数は『14,777人』か」など“計画的虐殺説”の立場から誇大な犠牲者数を取り上げる報道は少なくない。

つい最近も日本テレビが平成27年10月4日に「南京事件 兵士たちの遺言」を、30年5月13日に「南京事件II 歴史修正を検証せよ」を放映している。

こうした報道の多くは、福島県いわき市の小野賢二氏が会社員時代に独自調査したとする関係者の証言や日記を根拠にしているが、匿名の下士官兵らの証言などを無条件に受け入れる一方で、部隊長らの証言が一律に否定されている。

 むろん、偶発的な“自衛発砲説”をとったとしても、それで日本軍が免責されるわけではない。前出の阿部記者は、こうも書いている。

 「いずれにしても、多数の中国軍捕虜に対して、偶発とはいえ無情の銃弾を浴びせたのは事実である。

この広い揚子江の流れには、血に染まった悲しい思い出がある」

【参考・引用文献】

○南京戦史編集委員会編「南京戦史」「南京戦史資料集」「南京戦史資料集II」(いずれも偕行社・非売品)

○防衛研修所戦史室著「戦史叢書 支那事変陸軍作戦〈1〉」(朝雲新聞社)

○阿部輝郎著「南京の氷雨 虐殺の構造を追って」(教育書籍)

○片岡正巳ほか著「間違いだらけの新聞報道」(閣文社)

○小野賢二ほか編「南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち」(大月書店)

○昭和59年8月7日付の毎日新聞朝刊

○平成2年9月19日付の朝日新聞夕刊

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


忍者画像人気記事


このページの先頭へ