第154回 大草原の激戦(2) ノモンハン事件の真実

昭和天皇の87年

ノモンハン事件の真実 関東軍は本当に「惨敗」したのか-

第154回 大草原の激戦(2)

 

1939(昭和14)年8月20日、満州とモンゴルの国境地帯、ノモンハンの大地が揺れた。

無数の砲弾が突き刺さり、砂塵を巻き上げ、土石の雨を降らせた。

ソ連第一集団軍司令官、ゲオルギー・ジューコフ(※1)が指揮をとる、一大攻勢がはじまったのだ。

 圧倒的火力を有する5万7千人のソ連軍が、砲弾の欠乏しかけた2万人弱の関東軍に襲いかかる。

同日、早くも関東軍陣地の最左翼を守る満州国軍部隊が突破され、ソ連の装甲車部隊が背後に深く進入。

不意を突かれた主力の関東軍第23師団は、いきなり全滅の危機に直面した。

 空からは約300機のソ連機が猛爆撃を繰り返す。

ノモンハン事件の初期、空中戦は日本機の圧勝だったが、ジューコフはスペイン内戦を戦ったベテランパイロットを続々と投入、制空権を奪っていた。

 攻防の焦点は、井置栄一中佐率いる第23師団捜索隊約800人(井置支隊)が守る右翼のフイ高地だ。

ここを破られれば師団は包囲される。

ソ連軍は戦車部隊に加え装甲車旅団、対戦車砲大隊、狙撃連隊などを投入し、一気に押し潰そうとしたものの、井置支隊が頑強に抵抗、数倍の敵の波状攻撃を何度も撃退した。

 いらだつジューコフは翌21日、攻撃指揮の大佐を解任し、増援部隊を送って猛攻を督促した。

のちに独ソ戦を勝利に導くジューコフは、敵の数倍の犠牲を出すこともいとわない非情な将軍だ。

関東軍を殲滅(せんめつ)するのに、微塵も容赦しなかった。

 補給の途絶えた井置支隊は水と食料もなくなり、気力だけで戦線を維持していたが、24日、ついに砲弾が尽きた。

やむなく井置は生き残りの将兵を集め、敵中を突破して脱出する。

26日、フイ高地を抜いたソ連軍は23師団の背後に回り、ついに包囲を完了した。

 23師団に、破滅のときが刻一刻と近づく。

27日夜、包囲の外側にいた師団長の小松原道太郎は少数の部隊をかき集め、孤立した部隊を救うために自ら出撃、得意の夜襲で深く入り込んだが、

夜明けとともに猛烈な砲撃を浴び、救出作戦は失敗した。

 ある部隊の最後の状況を、九死に一生を得た軍曹が述懐する。

 「やがて自爆するための最後の一発の弾丸までことごとく撃ち尽くしてしまった。

山崎大尉の命令で、火砲に最敬礼したのち、その重要部分を土中に埋めた。

残された道は、敵戦車への肉弾攻撃。

(中略)私は日記帳に最後の模様を書き込んだ。

わずか八行だった。

走り書きの文字は私以外に判断できないが、『天皇陛下万歳』という最後の六文字だけはだれが見てもわかる。

これを書き終えて、私は『いつ死んでもよい』と気が楽になった」

 やがて砲声はやみ、大平原を静寂が包み込む。

ジューコフはスターリンに打電した。

 「当地時間八月二八日二二時三〇分、敵の最後の拠点高地が一掃されました」

 この日、関東軍の不敗神話は崩れた(※2)。

× × ×

 敗退の理由は、上級司令部の杜撰(ずさん)な作戦指導だ。

ソ連軍の兵力を過小に見積もり、十分な砲弾を準備しなかったうえ、近代的な機動戦に無理解だった。

にもかかわらず上級司令部は、自らの責任を現場になすりつけ、砲弾が尽きて後退した指揮官に自決を強要するなどの醜態をさらした(※3)。

 張作霖爆殺事件以降、陸軍の軍紀が乱れ、昭和天皇を悩ませてきたことは何度も書いた。

しかしそれは、すべて陸軍士官学校および陸軍大学卒業のエリート軍人によるものだ。

一般の将兵の規律は極めて高く、どんな過酷な戦闘にも耐え抜いた。

 5月以降、およそ4カ月に及ぶノモンハン事件で関東軍は1万7405人の死傷者を出し、惨敗したと認定された。

ソ連軍の死傷者が10分の1以下の1200~1300人だったと、長く信じられてきたからだ。

しかしこれはソ連お得意のプロパガンダで、1991(平成3)年のソ連崩壊後に明らかになった資料によれば、ソ連軍死傷者は関東軍より多い、1万8721人に達していた(※4)。

ノモンハンの地を奪われたとはいえ、敵に多大な出血を強いた日本兵の力戦は、称賛されるべきだろう。

 翌年5月、大将に昇進してモスクワに凱旋(がいせん)したジューコフに、スターリンが聞いた

 「君は日本軍をどのように評価するかね」

 ジューコフは答える。

 「彼らは戦闘に規律をもち、真剣で頑強、とくに防御戦に強いと思います。

若い指揮官たちは極めてよく訓練され、狂信的な頑強さで戦います。

(中略)高級将校は訓練が弱く、積極性がなくて紋切り型の行動しかできないようです」

 ジューコフは、見抜いていたのだ。

 ところで海千山千の首相、平沼騏一郎はどうしていたか。

実は、ノモンハンどころではなかった。

欧州で平沼内閣を退陣に追い込むほどの、複雑怪奇な事態が起きていたのである--。

(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載)

(※1) ジューコフはノモンハン事件の前半、ソ連第57特設軍団司令官となったが、1939年6~7月の激戦後に同軍団が増強され、第一集団軍に再編成されたため、その司令官に昇格した

(※2) 関東軍第23師団の最後の拠点であるバルシャガル高地が陥落したのは8月31日で、それまで23師団は激しく抵抗した

(※3) 関東軍参謀らは快速の戦車部隊と鈍足の歩兵部隊を組み合わせて長距離移動させるなど、機械化部隊の運用に無理解で、日本の戦車部隊の技術力を活用できなかった。

なお、8月後半の戦闘で部隊を指揮し、力戦したフイ高地守備の井置栄一中佐とノロ高地守備の長谷部理叡大佐は、砲弾が尽きて撤退したことを「無断撤退」と責められ、第23師団長の小松原道太郎中将から自決を強要されていずれも拳銃自殺した。

小松原自身は生き残り、昭和15年に病死する。

しかし近年の研究により、小松原は以前、在モスクワ日本大使館付武官だった時期にハニートラップにかかり、ソ連のスパイになっていた可能性が高いとする学説もある

(※4) ソ連軍の死傷者数は平成3年に東京で開かれた「ノモンハン・ハルハ河戦争国際学術シンポジウム」の分析による。

ただし諸説あり、実際の死傷者数は2万5655人に達していたとする集計もある

【参考・引用文献】

○鎌倉英也著「ノモンハン 隠された『戦争』」(日本放送出版協会)

○ノモンハン・ハルハ河戦争国際学術シンポジウム実行委員会編「ノモンハン・ハルハ河戦争」(原書房)

○古是三春著「ノモンハンの真実」(産経新聞出版)

○ゲ・カ・ジューコフ著「ジューコフ元帥回想録」(朝日新聞社)

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


このページの先頭へ