第164回 日米諒解案(2) へそを曲げた松岡洋石

昭和天皇の87年

へそを曲げた松岡洋右 天皇は外相交代を示唆した

第164回 日米諒解案(2)

 陽春の風がそよぐ東京郊外の立川飛行場。

首相の近衛文麿が多数の政軍関係者らとともに、北西の空を見上げていた。

やがて上空に黒点が浮かび、徐々に大きくなる。陸軍機の機影だ。

近衛は、その中にいる男の顔を思い浮かべ、ゴクリと固唾をのんだ。

 昭和16年4月に日米交渉の土台となる諒解(りょうかい)案がまとまり、大本営政府連絡懇談会で原則賛成の方針が決まったことは前回書いた。

だが、この男の対応次第では、ちゃぶ台がひっくり返る恐れもある。

間もなく欧州歴訪の旅から帰国する外相、松岡洋右のことである。

 4月22日の朝、立川飛行場で松岡を待つ首相の近衛は、内閣書記官長の富田健治にそっと言った。

 「松岡外相は人一倍感情の強い人だから、日米諒解案について原則賛成だと伝えても、どういう返事をするか分からない。

自分が出迎えて、帰りの車中で説得すれば、案外スラスラ行くかも知れない」

 ところが近衛は、立川飛行場に降り立った松岡と握手を交わしたとたん、考えを変えた。

日ソ中立条約を調印し、凱旋(がいせん)将軍気取りでカメラのフラッシュを浴びる松岡が、多数の報道陣らを引き連れて「これから皇居を遙拝したい」と言い出したからだ。

松岡流のパフォーマンスに、うんざりしたのである(※1)。

 結局、近衛は帰りの車で松岡と同乗せず、説得は外務次官の大橋忠一に任された。

 果して松岡は、車中で大橋から日米諒解案の経緯を聞き、不機嫌になった。

 「勝手に米国と妥協するなど、盟邦の独伊に対して不信きわまりないではないか」

× × ×

 大橋から報告を受けた近衛が表情を曇らせたのは言うまでもない。

ただ、日米諒解案には陸相の東条英機はじめ閣僚、軍上層部の全員が賛成している。

近衛はその夜、大本営政府連絡懇談会を招集した。

さすがの松岡も、全員で説得すれば承知するだろう。

 ところが松岡は、驚くべき行動に出る。

帰国の歓迎会で飲まされたとして、ろれつも回らないほど酔って現れたのだ。

しかもその口で訪欧の自慢話を吹きまくった。

 日米諒解案の賛否について、一刻も早くアメリカ側に回答を伝えたい近衛が、たまりかねて言う。

 「政府も統帥部も一致して原則オーケーだ。駐米大使に、そう返電してもらいのだが…」

 松岡は、赤ら顔をさらに赤くした。

 「二週間くらい静かに考えさせてほしい。今日は疲れているから失礼します」

 そう言って松岡は、出席者がポカンとなったのを尻目に、さっさと引き上げてしまった。

× × ×

 以後、松岡は持病の悪化と称し、自宅に引きこもった。

近衛や東条が代わる代わる説得を試みたが、松岡は原則賛成の訓令を出そうとしない(※2)。

この事態に誰より焦燥したのは、日米交渉の最前線に立つ駐米大使の野村吉三郎だ。

野村のもとで諒解案をまとめた前陸軍省軍事課長の岩畔豪雄(いわくろひでお)もしびれを切らし、アメリカから国際電話をかけてきた。

 岩畔「こちらから送った魚ですが、至急料理しないと腐敗する恐れがあります」

 松岡「わかっちょる。野村に余り腰をつかわぬように伝えておけ」

 岩畔「あなたがそんな呑気(のんき)でおられるなら、魚は腐るに違いありません」

 松岡「わかっちょる、わかっちょる」

 だが、松岡は分かろうとしなかった。

 交渉には機がある。

それが刻一刻と遠ざかっていくように感じた野村は5月2日、米国務長官のハルに面会を求めて言った。

 「日米諒解案について、まだ政府の訓令はありませんが、予想外のことが起きない限り近日中にあると期待しています。

ただし若干の修正は免れないだろうから、しばらくご辛抱いただきたい…」

 翌日、野村のもとに松岡から、ようやく訓令が届いた。

だが、その内容は「若干の修正」どころか、“魚を腐らせる”ものだった。

× × ×

 日米諒解案をめぐるアメリカの狙いは、日独伊三国同盟の無力化だが、松岡の修正案はそれを真っ向から否定した上、アメリカが中国に対し無条件で和平を勧告するよう求めていた。

しかも松岡は、修正案を示す前に、欧州での戦争にアメリカが参戦すればただでは済まないと牽制する「オーラル・ステートメント」(口述書)を渡すよう指示していた(※3)。

 ちゃぶ台をひっくり返す訓令だ。

野村は5月6日、ハルと面会し、オーラル・ステートメントを口頭で説明したものの、「内容に誤りも多いから」と手交しなかった。

今後に悪影響が出ることを懸念したのである。

 松岡の修正案を、アメリカ側が歯牙にもかけなかったのは言うまでもない。

12日から野村とハルの間で日米交渉が正式にスタートするが、不信を強めたアメリカ側の要求は日米諒解案を越えて次第に硬化し、両国間の主張の隔たりが鮮明になっていった。

加えて野村を一層困惑させたのが、妥協を一切認めない松岡の姿勢だ。

 松岡は、昭和天皇にも強硬論を唱えた。

 5月8日《外相は天皇に対し、米国が欧州戦争に参加する場合には、日本は独伊側に立ってシンガポールを攻撃せざるを得ないため、日米国交調整もすべて画餅に帰すること、

また米国が参戦すれば長期戦となるため、独ソ衝突の危険あるやもしれず、その場合我が国は日ソ中立条約を破棄し、ドイツ側に立って対ソ攻撃をせざるを得ないこと等を奏上する》

(昭和天皇実録28巻79頁)

 無茶苦茶である。昭和天皇は、松岡の正気を疑ったのではないか。

松岡が退出したあと、内大臣の木戸幸一に言った。

 「外相を取り代えてはどうか」

 松岡の強硬姿勢により、再び近づく開戦の危機-。

そのとき、欧州で起きた新たな事態が、日米の亀裂を決定的なものにしてしまう--。

(社会部編集委員 川瀬弘至 毎週土曜、日曜掲載)

(※1) 立川飛行場で松岡が「皇居を遙拝したい」と言ったとされるのは、近衛側の作り話だとする説もある

(※2) 松岡が日米諒解案に“待った”をかけた主な理由は、外相の自分が関知しないところで話を進められたことに立腹したためとみられる。

一方で松岡は、日米諒解案はアメリカ側の意向ではなく、捏造(ねつぞう)の疑いが強いとみており、部下の一人に「あれはヨコ(英文)のものをタテ(和文)にしたのではない。

タテのものをヨコにしたのだ。日本人が書いたものではないか」と話したという。

この松岡の指摘は半ば当っており、日米諒解案は交渉のスタートラインにすぎないのに、作成に関与した岩畔豪雄らの手により、米首脳が提案したかのような形で日本側に伝えられた。

なお、松岡は表には出さなかったが、内心では日米交渉に積極的で、日独伊三国同盟や日ソ中立条約でアメリカに圧力をかけ、最後は自らホワイトハウスに乗り込んでルーズベルトと直接交渉し、譲歩を引き出す狙いがあったとされる

(※3) このほか松岡は、まずはアメリカに中立条約を申し入れるよう野村に訓令した。

しかしハルはまったく取り合わなかった

【参考・引用文献】

○宮内庁編「昭和天皇実録」28巻

○富田健治著「敗戦日本の内側」(古今書院)

○矢部貞治編著「近衛文麿〈下〉」(弘文堂)

○外務省百年史編纂委員会編「外務省の百年〈下〉」(原書房)

○松岡洋右伝記刊行会編「松岡洋右-その人と生涯」(講談社)

○三宅正樹著「第三八代 第二次近衛内閣-幻影と挫折」(林茂ら編「日本内閣史録4」〈第一法規出版〉収録)

○野村吉三郎著「米国に使して-日米交渉の回顧」(岩波書店)

○義井博著「昭和外交史」(南窓社)

○防衛研究所戦史部監修「昭和天皇発言記録集成〈下〉」(芙蓉書房出版)

コメントを残す

サブコンテンツ

i2i


サイト内ランキング



アクセスカウンター


このページの先頭へ